OSHAに準拠する方法

労働安全衛生局(OSHA)の規制は、労働者を仕事関連の危険や怪我から保護しますが、これらのガイドラインへの準拠は、事業主にとっても最大の利益になります。仕事関連の怪我は高額になる可能性があり、高額な労働者災害補償請求や労働時間の欠落につながります。けがは、けがをしていない労働者の間でも、従業員の士気を損なう可能性があります。安全でコンプライアンスの高い職場を維持することは、あなたが彼らの幸福を気にかけていることをあなたの従業員に示し、それは彼らがあなたのためにやって来るように動機づけます。

1

ハザードコミュニケーション計画を作成します。この計画には、職場で潜在的に危険な物質について労働者に通知するためのプロトコルが含まれています。危険または有毒である可能性のある取り扱いする各材料と、自分自身を適切に保護するための手順について、スタッフを教育します。計画の印刷されたコピーをスタッフが利用できるようにするとともに、潜在的に危険な各物質の危険性と予防措置をリストした情報シートを作成します。

2

緊急行動計画基準を作成します。これは、安全上の問題が発生した場合に実行するアクションの詳細です。この計画は、有毒物質への暴露と職場での怪我の緊急手順、および火災時の安全と避難の指示をカバーする必要があります。

3

火災避難計画を作成します。安全な避難経路を含め、その詳細と規定をスタッフによく理解してください。

4

職場に十分な数の消防署があり、これらの出口がOSHAおよび消防署の規則に準拠していることを確認してください。一般に、職場には2つの別々の出口が必要ですが、その規模と従業員数によっては、さらに多くの出口が必要になる場合があります。耐火材料を使用して、職場から別の火災が発生します。防火口には自動閉鎖ドアが必要であり、防火口として明確にマークする必要があります。

5

潜在的に危険な雑然とした床と通路をきれいにします。こぼれや滑りの危険が発生したらすぐに掃除してください。廊下、作業台、床、はしごなどの一般的な職場条件に関するOSHA基準をよく理解してください。

6

業界で通常遭遇する特定の危険や事故に適した、品揃えの豊富な応急処置キットを購入してください。基本的な応急処置手順についてスタッフを訓練します。

7

OSHAのポスターやチラシを目立つように掲示してください。更新された要件とガイドラインに関してOSHAが送信する資料を注意深く読み、必要な変更を実装します。