ビジネスにおける異文化コミュニケーションを克服する方法

グローバル企業では、効果的な異文化コミュニケーションにより、ビジネスをよりスムーズに運営できます。発生する可能性のある潜在的な問題を認識し、競合を最小限に抑えるための積極的な措置を講じることで、従業員の共同作業を改善できます。行動の調整には時間がかかるため、問題が発生する前に、従業員がお互いの文化や習慣について学ぶ機会を必ず提供してください。お互いを理解するために追加の努力が必要になるかもしれないというあなたの会社全体の期待を設定してください。不安定で非生産的な対立につながる急いで結論に飛びつくのではなく、思慮深い検討への関与を促進します。

1

会議を実行して、従業員を他の文化にさらします。脅威のない環境で一緒に働く従業員を紹介することで、長期的に良好な関係を築くことができます。容認できる行動のための別の文化の言語、規則、規範について学ぶことは、従業員が状況が発生したときに対処する準備をするのに役立ちます。先入観を変えることは、より助長的な仕事上の関係につながる可能性があります。

2

私たちが言語にどれほど依存しているかを示す活動を行います。たとえば、沈黙することに1日を捧げます。各従業員に、何を学びたいか、どれだけ沈黙を保つか(どのような例外を設けることができるか)、一日中話さずにどのように対処するかを明記した契約書を作成してもらいます。コミュニケーションが限られた一日を経験した後、参加者は通常、外国の環境にいることにもっと簡単に関係することができます。

3

異文化間の作業環境で効果的にコミュニケーションするためのワークショップ、ヒント、テクニックを提供します。人々は自分たちの文化の価値観に従って行動します。別の文化の人は、行動を異なって解釈するかもしれません。積極的な聞き取り(理解を確実にするために言われていることを言い換える)や、書面、音声、視覚などの複数の形式のコミュニケーションを使用するなどの戦略を実践することで、文化的誤解による紛争が発生しないようにするための従業員の関与を高めることができます。意識の欠如。

4

文化的誤解に関連する対立を調停するように従業員を指導します。従業員が自分とは異なる視点から状況に対応する機会を提供します。人々のグループをペアに分けて、参加者が文化の違いが存在することを認めることができるロールプレイング演習を実施します。文化の違いのために最近経験した葛藤について考えるように各ペアに勧めます。各参加者に、不快または異常と思われることを説明してもらいます。各参加者に、自分たちの文化で問題をどのように処理するかを提案させます。一緒に、参加者に問題の解決策を開発してもらいます。それぞれのペアに、彼らの経験についてより大きなグループに報告してもらいます。