リーダーシップと管理スタイルの理論と実践

マハトマガンディーやマーティンルーサーキングジュニアなどの影響力のあるリーダーは、人々を刺激し、やる気を起こさせるほとんど驚くべき能力のために世界の注目を集めました。中小企業のマネージャーとして、影響力の範囲は狭いかもしれませんが、目標を達成し、優秀な従業員を維持するには、人々に刺激を与え、やる気を起こさせることができなければなりません。多くの場合、口で言うのは口で言うほど簡単ではありません。リーダーシップと管理スタイルを簡素化するために、心理学者とビジネスマンは、どのスタイルを適用するかを決定するのに役立つ、管理のための理論と適用戦略を作成しました。

リーダーシップ理論

何年にもわたって、研究者は4つのグループに分けられる多くのリーダーシップ理論を考案しました。行動理論は、リーダーが組織の目標に到達するために独裁的アプローチを採用するかチーム努力アプローチを採用するかなど、リーダーの行動に焦点を当てています。コンティンジェンシー理論は、目前の問題に最適なリーダーシップのスタイルを予測することにより、リーダーではなく状況に焦点を当てています。特性理論は、リーダーはリーダーシップの基礎を形成する共通の特徴と個人的な属性を共有すると主張しています。権力と影響力の理論は、リーダーが影響力と権力を使用して結果を得るさまざまな方法を調べます。

理論XY

アメリカの社会心理学者ダグラス・マクレガーは、1960年の著書「企業の人間的側面」で、XとYの管理理論について説明しました。理論Xは、人々は通常働くことを嫌い、目的を達成できなかった結果として迫り来る罰をもって働くことを余儀なくされなければならないという権威主義的な見解を採用しています。理論Xは、これらの人々は実際に指示されることを好み、野心を欠いていると主張しています。理論Yは、参加型の管理スタイルを採用しています。これは、人々が仕事を遂行していると感じた場合、本質的に働く意欲があるという前提で機能します。リーダーは、従業員に快適な職場環境を提供することにより、従業員が新しいことを学び、創造性を発揮し、責任を受け入れ、成功することを可能にします。

応用

理論はあなたが利用できるさまざまなリーダーシップと管理オプションについてあなたを教育しますが、効果的なリーダーシップは特定の影響、特徴、行動に基づいていません。マネージャーとして、あなたは正しいスタイルを見つけるために多くの能力とアプローチから引き出す必要があります。トランスフォーメーショナルリーダーシップスタイルには、意欲と信頼性の高いリーダーになるための要件が​​含まれるため、ほとんどのビジネス状況に適しています。トランスフォーメーショナルリーダーは、誠実さを持ち、適切な模範を示し、明確な目標を設定し、従業員を励まし、支援し、刺激し、刺激的な任務を提供し、高く現実的な期待を持ち、優れたコミュニケーターであり、他の人に自分を超えてより大きな利益を探す方法を示します。チーム。

考慮事項

効果的なリーダーは一般的に、指導している従業員と行われる仕事の性質に依存する管理スタイルの組み合わせを使用します。信頼を確立し、会社のニーズとチームのニーズのバランスをとることで、優れたリーダーシップが生まれます。リーダーシップのスタイルを選択する前に、好みのスタイル、チームの能力と経験、仕事の種類、その難しさ、保守的または冒険的な企業環境などを検討してください。