費用便益分析と損益分岐点分析の違いは何ですか?

ビジネスリーダーは、費用便益分析と損益分岐点分析の両方を使用して、会社を正しい方向に導き、重要な決定を下します。ただし、各分析は特定の目的に使用され、計画と管理の意思決定のさまざまな側面を支援します。適切な分析を適切なタイミングで使用すると、運用の効率と有効性に劇的な影響を与える可能性があります。

費用便益分析

事業主と経営者は、費用便益分析を使用して、品質保証イニシアチブの範囲、制御メカニズム、およびサポートサービス、その他の運用の側面に関する意思決定を行います。たとえば、組織は財務報告に対する内部統制システムを維持して、財務報告の欠落、誤り、または重要な虚偽表示の可能性を減らしています。高価な制御メカニズムを維持するために精巧な情報システムとサポートスタッフを配置することは、費用効果が高くない場合があります。一般的に、費用便益分析は、特定のアクションの利益と費用のバランスを見つけるために使用されます。

損益分岐点分析

ビジネスリーダーは、損益分岐点分析を使用して、生産に関連する固定費と変動費を回収するために販売する必要のあるユニットの量またはサービスの数を決定します。これは、規模や販売量に関係なく、すべての企業にとって重要な計算です。経営条件の変化は、売上高、固定費、変動費の間のダイナミクスに影響を与えることが多く、経営陣は定期的に会社の損益分岐点を再評価する必要があります。新興企業にとって、事業を開始する前に損益分岐点分析を実行することは、ビジネスベンチャーの実行可能性とその成功の可能性を証明するために重要です。

運用コストの最適化

費用便益分析を実施することにより、ビジネスリーダーは運用コストと収益性を最適化できます。この種の分析がなければ、企業は本当に必要のないサポートサービスやソフトウェア機能に浪費するのは簡単です。企業のコスト構造とリソースを適切にサイジングするには、科学的アプローチと、利益率と間接費に関連する収益を生み出す能力の徹底的な評価が必要です。これは、他の経営者の意思決定手法と比較した場合の費用便益分析の主な利点の1つです。

収益性の最大化

損益分岐点分析の機能であるコスト-ボリューム-利益分析により、ビジネスリーダーは予測される売上とコストに基づいて利益を最大化できます。収益性はビジネスの重要な目標であり、経営陣は最も有利な生産量を知る必要があります。多くの場合、収益性は販売量の関数であり、販売量が多いことが必ずしも収益性の高いビジネス戦略につながるとは限りません。コスト-ボリューム-利益分析は、費用便益分析と比較して、損益分岐点分析の明確な利点です。