製造におけるデューデリジェンスのチェックリスト

ビジネスまたは投資の機会を検討するときに個人が受ける問い合わせのプロセスは、デューデリジェンスとして知られています。デューデリジェンスは、すべてのビジネス、特に小規模な製造会社にとって不可欠なプロセスです。デューデリジェンスチェックリストは、これらの企業が事業運営のすべての主要な側面を精査し、問題を見つけ、限られたリソースを改善が必要な領域に集中させるのに役立ちます。

財務情報

小規模製造業者は、事業を成長させるために資金を使用することを保証するために、厳格な財務記録を維持する必要があります。デューデリジェンスチェックリストには、財務部門と経理部門の監視が含まれています。経理部門を対象とするプロセスには、予算手続き、財務記録管理、コスト追跡、および内部統制が含まれます。会社の財務部門に対処する項目には、会社が資産の維持、負債の制限、および資本の管理をどのように扱っているかについての調査が含まれます。

マーケティング活動

製造業は、製品の製造方法だけでなく、競争の激しい市場への参入方法にも関心を持つ必要があります。デューデリジェンスチェックリストには、マーケティング関連のタスクを処理する方法に関するセクションも含まれています。これらのタスクには、マーケティング計画の作成、市場の競合他社に関する調査、潜在的な顧客のニーズと予算の分析が含まれます。チェックリストには、マーケティング計画の機会とリスク、および現在の予算内で計画を実施する企業の能力に関する項目も含まれます。

経営分析

中小企業では、上級管理職の能力とスキルが、成功するビジネスと失敗するビジネスの違いであることがよくあります。デューデリジェンスチェックリストには、各ポジションの役割と責任の概要を示す組織図の作成と、上級管理職の各メンバーの短い個人プロファイルが含まれています。チェックリストには、ストックオプション、利益分配、ボーナスなど、上級管理職の報酬に関する項目を含めることもできます。

法的な問題

小規模製造業者にとって、製造物責任訴訟は壊滅的な費用となる可能性があります。会社が訴訟に勝ったとしても、それでもしばしばそれ自身を守るための費用をカバーしなければなりません。デューデリジェンスチェックリストには、会社に対して係争中の訴訟や、会社が他の当事者に対して開始した訴訟などの項目が含まれています。チェックリストの法的セクションには、保険契約、環境ハザード、州および連邦の規制への準拠に関連する項目も含まれています。