クレジットアナリストの面接の準備方法

与信アナリストは、データを確認および分析して会社に代わって与信および貸付の意思決定を行うことにより、組織内で不可欠な役割を果たします。特定の取引に関連するリスクの量を予測および予測することにより、最終的に企業の収益に影響を与える決定を下すため、これらのポジションに最も適した候補者を選択するために高度な注意が払われます。あなたがこの業界のベテランの専門家であろうと、エントリーレベルのクレジットアナリストのポジションを探していようと、この分野での面接の準備は神経質なプロセスになる可能性があります。しかし、少しの調査と準備で、自信をつけて、雇用主にあなたがしていることを示すために必要なすべての情報を持って面接に到着するので安心できます。クレジットアナリストの仕事に最も適した候補者です。

1

あなたが彼らの事業運営のすべての側面にできるだけ精通するように、潜在的な雇用主を調査してください。面接官が質問をして、会社についての知識があるかどうか、なぜその組織に参加することに興味があるのか​​、採用された場合に何をテーブルに持っていくことができると思うかを判断することは珍しくありません。たとえば、以前に同様の業界で働いたことがある場合は、アナリストとして行った決定が、売上の増加、全額返済されたローンの数の増加、または減少などの測定可能な結果にどのように直接つながったかについて話し合うことができます。滞納したアカウント。実績のある方法を利用して潜在的な雇用主に同様の結果をもたらす方法についての小さなプレゼンテーションを準備することで、永続的な印象を残すことができます。

2

予定されている面接に到着する前に、職務内容をよく理解してください。元の求人情報に概説されている主要な要件と責任を調べることで、個人的な関連経験を特定できます。言及されている特定のシステム、プロセス、サービス、または製品に特に注意を払い、面接中にこれらの属性に関する知識または経験を強調するようにしてください。

3

現在および過去の仕事の経験の関連性と、面接対象の特定のクレジットアナリストのポジションの主要な責任を示す準備ができていることを確認してください。関連する実務経験には、複雑な意思決定や会計または財務上の義務を果たすためにデータを分析する必要のあるタスクがいくつでも含まれる場合があります。また、財務および信用格付け情報を読んで解釈するために使用する特定の手順について話し合うように求められる場合があります。

4

この特定の研究分野を選んだ理由を考えてみてください。考えられる面接の質問は、大学で専攻を選択することになった理由、より具体的には、信用リスク分析を専門とするようにあなたを惹きつけた理由に焦点を当てることができます。財務、会計、統計など、応募したポジションに関連する特定のコースや、注目すべき学業成績について詳細に話し合う準備をしてください。