レストランで人々を歓迎していると感じさせる

顧客があなたのレストランで歓迎されていると感じるとき、彼らは戻ってくる可能性が高いかもしれません。全米レストラン協会による2012年の調査によると、リピーターは高級レストランの売上の最大51%、カジュアルダイニングレストランの売上の64%を占めています。サービスを改善するためにいくつかの小さなステップを踏むことは、顧客があなたのレストランで彼らの経験を楽しむことを確実にするのを助けることができます。

より良いご挨拶

サーバーとホストまたはホステスが顧客に挨拶する方法を観察するために数分を費やしてください。顧客がドアを歩いているときに急いで挨拶をしたり、同僚とチャットしているときに顧客が邪魔をしたりしてイライラしたりすると、顧客は従業員を悩ませていると感じるかもしれません。レストランに入る瞬間から出る瞬間まで、顧客に十分な注意を払う必要があることを従業員に強調します。つまり、他の従業員との会話をやめ、誠実で親しみやすい挨拶で顧客に挨拶し、彼らが去るときに彼らのビジネスに感謝することを意味します。

フレンドリーで快適

あなたがレストランで働くとき、前向きな姿勢を維持することは必ずしも容易ではありません。顧客が失礼または要求があり、キッチンにバックアップがある場合、あなたの顔に笑顔を保つのは難しいかもしれません。顧客はあなたの問題を気にしません。彼らはただ素敵でリラックスした食事を望んでいます。サーバーが顧客を扱う方法が実際にレストランの収益性に影響を与えることをサーバーに思い出させてください。顧客とカジュアルな会話をすることができ、顧客のニーズに気を配る、フレンドリーで前向きな人を雇います。

準備して

食事をするのに必要なものがすべて揃っていることを確認せずに、友人を夕食に招待することはできません。食事が時間通りに出されなかったり、食材の購入を忘れて予定したものを作ることができなかったりすると、友達は寛容になるかもしれませんが、レストランの顧客は寛容ではなくなります。あなたが開くときあなたのレストランが顧客を受け入れる準備ができていることを確認してください。事前に部分的または完全に完成できる料理を準備し、トイレやレストランの他のエリアが清潔であることを確認し、時間通りにドアを開けてください。キッチンとレストランの両方で適切な数のスタッフをスケジュールします。

パーソナルタッチ

顧客にパーソナライズされたサービスを提供するようにスタッフを奨励します。ウェイターが自分の名前や好き嫌いを知った場合、リピーターはさらに頻繁に戻ってくる可能性があります。リピーターの名前を記載したスプレッドシートを保管し、アレルギーや料理の好みなど、彼らが言及した関連情報を追加します。あなたがそれらについて学んだかもしれない個人的な詳細を含めてください。たとえば、ミリガン夫妻が来週サファリに行くと言った場合は、コンピューターで旅行をメモし、次に訪問するときに休暇について尋ねます。