中小企業のための節税戦略

中小企業を経営しているとき、あなたの納税義務を下げる方法を考え出すことは成功と失敗の違いかもしれません。いくつかの節税戦略をうまく採用することで、会社の課税所得を減らし、その年に支払わなければならない税金の総額を減らすことができます。

退職後の計画

従業員の退職計画を立てることは、税金を節約する効果的な方法です。同時に、それはあなたの従業員を幸せに保つのに役立ちます。401(k)などの退職金制度を設定すると、従業員は税引前で退職金を拠出することができます。その後、彼らが寄付するとき、あなたは彼らの口座にお金を寄付するオプションもあります。あなたが寄付したお金はあなたの課税所得から差し引くことができます。

柔軟な支出勘定

柔軟な支出勘定を設定することは、従業員が医療ニーズを満たすのに役立つ効果的な方法です。それはまたあなたの税金のお金を節約するのに役立ちます。柔軟な支出勘定は、自己負担や処方箋などの自己負担医療費の支払いに使用できる一種の勘定です。従業員の口座にお金を預けるとき、このお金は給与税の対象ではありません。それはあなたの従業員に追加の経済的利益を与えるのにも役立ちます。

経費

どのような控除が利用可能になるかを把握できるように、年間を通じて税務状況を確認することが重要です。正当な事業費が発生した場合、内国歳入庁はこれらの費用を課税所得から差し引くことができます。年末が近づいている場合は、その年に生み出した収入の一部を相殺できるように、経費の額を増やすことをお勧めします。

チャリティー

その年の課税所得を減らす必要がある場合、慈善団体への寄付は効果的なツールになります。教会や慈善団体などの非営利団体にお金を寄付することは、コミュニティを助け、あなたに税額控除をもたらします。慈善団体は、年末に領収書または明細書を提出して、金額を証明できるように、寄付の金額を示す必要があります。