リーン生産方式は、企業が競争力を獲得し、将来に備えるのにどのように役立ちますか?

リーン生産方式は、企業がコストを削減し、生産性を高め、競争上の優位性を獲得するために実施する在庫管理および製造戦略です。リーン生産方式の組織が会社内で材料を移動するために使用する手法により、コストと時間が大幅に削減されます。組織で無駄のない戦略を立てるには、トップダウンですべての従業員が関与する必要があります。

在庫コストの削減

無駄のない組織は、注文を完了するのに十分な在庫を維持します。顧客の注文は、注文の要件を満たすために材料の購入をトリガーします。材料と供給品の大量の在庫は、企業が成長し、前進するために使用できる資金を拘束します。

リードタイムの​​短縮

リーン組織は、プル方式を使用して、生産プロセスを通じて材料と製品を移動します。プルシステムでは、製品が準備されたときにのみプルスルーするために、製造プロセスの次のステップが必要です。たとえば、一部の組織では、バッチシステムを使用して、製造プロセスを通じて材料を移動します。次のワークステーションでバッチが完了した場合にのみ、製品を前に進めることができます。リーン生産方式の理想は、一度に1つの製品が生産ラインを移動する単一プロセスです。これにより、プロセスのボトルネックが解消され、リードタイムが短縮されます。リードタイムの​​短縮は顧客サービスを改善し、それは企業に市場での競争上の優位性を与えることができます。

品質の向上

リーン生産方式は、製品の全体的な品質を改善するために、会社のプロセスで小さな品質改善を行うことに重点を置いています。製品とプロセスの品質を改善すると、信頼性と顧客満足度が向上します。リーン生産方式では、従業員はプロセスのどの段階でも改善を行う力を持っています。たとえば、各ワークステーションの従業員は、製品を次のワークステーションに移動する前に、製品が品質基準を満たしていることを確認する必要があります。仕様を満たしていない場合、作業者は前のステーションに製品を送り返すことができます。システムは、ラインの最後で製品を検査する代わりに、品質チェックと検査をプロセスに組み込みます。

従業員の関与と士気

品質改善技術により、労働者はプロセスや製造方法の変更に参加することができます。労働者が変化に参加できるようにすることで、士気が高まり、生産性が向上します。生産的で権限を与えられた労働力は、生産率を高め、コストのかかる従業員の離職率を減らします。