一般的なカスタマーサービスの苦情

顧客がいなければ、ビジネスを継続して運営するのに苦労するため、顧客は中小企業の基盤です。顧客の苦情は、顧客が何かに不満を持っていることを意味しますが、一般的な顧客サービスの苦情のいくつかを知っていると、ビジネスでこれらの間違いを犯さないようにするのに役立ちます。

知識のない従業員

顧客が質問をしたり、何かを処理する必要がある場合、顧客はあなたのビジネスに連絡するか、あなたのビジネスの場所に来ます。All Businessによると、顧客が抱える一般的な苦情の1つは、助けになるほどの知識がない従業員に助けられているときです。顧客サービスを担当するポジションに従業員を配置するときは、従業員がビジネスとその製品およびサービスについて可能な限り多くの知識を提供できるように、十分なトレーニングを受けていることを確認してください。従業員は、顧客の質問に答えることができる人、またはそれができない場合は顧客のニーズを満たすことができる人を見つけるように訓練する必要があります。

無礼

一般的な顧客の苦情は、事業主または従業員との失礼なやり取りです。Rental Management誌によると、無礼は小さな顧客の問題を大きな問題に変える可能性があります。雑誌はまた、無礼は、無関心、顧客がビジネスに参入するときに顧客に注意を払わないこと、声のトーン、または卑劣なまたは近寄りがたい態度または態度を含む多くの形で来ると述べています。

アクセシビリティにアクセスできない

顧客は、あなたが必要なときにあなたがそこにいることを期待しています。All Businessは、アクセスできないことよりも早く顧客を失うことにつながるものはほとんどないと言っています。ビジネスWebサイトをお持ちの場合は、それが正常に機能していること、およびダウンタイムよりもアップタイムが長い信頼できるホストがあることを確認するための対策を講じてください。営業時間が設定されており、ドアにある場合は、時間どおりに開閉して、営業時間に固執するようにしてください。また、問題が発生したときに顧客が違いを生むことができる誰かにアクセスできるように、マネージャーまたは意思決定力のある人が常に働いていることを確認してください。

未解決の問題または問題

顧客が苦情を申し立てたり、ビジネスに問題がある場合、彼女は何らかの解決策を期待しています。顧客を困惑させておくのを間違えないでください。問題の受領を確認することにより、問い合わせ、問題、問題、または苦情に対応し、問題をどのように処理または解決するかについて彼女に期待を設定します。