従業員に対する雇用者の税務責任

雇用主は、従業員の給与からさまざまな連邦および州の給与税を源泉徴収する必要があります。雇用主はまた、従業員に代わってIRSおよび州の税務当局に給与税を送金する責任があります。さらに、雇用主は労働者にいくつかの税務フォームを提供する必要があります。これらのフォームの多くは、税務報告の目的でIRSおよび社会保障局に送信されます。

連邦税の義務

雇用主は、各従業員の連邦雇用税を源泉徴収する必要があります。雇用税には、連邦所得税、社会保障税、メディケア税が含まれます。雇用主は、「源泉徴収手当証明書」であるフォームW-4を使用して源泉徴収額を計算します。雇用主は、すべての連邦雇用税をIRSに預ける必要があります。雇用主は、会社の給与サイクルに応じて、毎月または半週ごとに雇用税を預けることができます。雇用税の預金は、電子送金を介して直接IRSに送金されます。

州の納税義務

連邦税債務に加えて、雇用主は、地方および州の税務当局によって要求された場合、地方および州の所得税を源泉徴収および報告する責任もあります。テキサス、ネバダ、フロリダ、ワシントンなどの一部の州には、州の所得税がありません。所得税の要件がある州では、雇用主は各賃金支払いから税金を源泉徴収し、州の税務機関に税金を送金する必要があります。州の所得税は通常、連邦所得税の源泉徴収の割合として計算されます。

失業保険税

雇用主は、州の失業保険税(SUI)と連邦失業保険税を支払う必要があります。これらの税金は、州および連邦の失業補償プログラムに資金を提供します。失業プログラムは、職を失った労働者に金銭的援助を提供します。州が利用可能な失業資金を使い果たした場合、失業手当を支払うために連邦基金から借りることができます。年に一度、各州は該当する雇用者に税率を割り当てます。これにより、その年の雇用者の州の失業責任が決まります。連邦失業保険税債務は、暦四半期中に支払われた賃金の額によって異なります。雇用主は、各四半期の終わりに、または納税義務が500ドル未満の場合は年末に、500ドルを超えるすべての連邦失業保険税を支払う必要があります。

税務報告

雇用主は、すべての連邦税債務をIRSフォーム941「雇用主の四半期ごとの連邦税申告書」で報告する必要があります。各州はまた、雇用主が四半期ごとに総賃金と税務情報を州の税務当局に報告することを義務付けています。年末に、雇用主は従業員の賃金と税金の明細書であるフォームW-2を作成して提出する必要があります。この声明は、従業員に支払われたすべての賃金、チップ、その他の報酬、および年間を通じて従業員の賃金から源泉徴収された給与税の額を報告します。雇用主は、従業員が州および連邦の所得税を申告できるように、課税年度の終了後1月31日までにフォームW-2のコピーを従業員および社会保障局に提出する必要があります。