非営利団体は車の購入に税金を支払う必要がありますか?

非営利団体は連邦所得税を支払う必要はありません。これは、「免税組織」という用語が税法に由来するところです。しかし、企業が直面する税金は所得税だけではありません。源泉徴収税、消費税、給与税があります。非営利団体が自動車購入に対する消費税の支払いを免除されるかどうかは、州および地方の規制によって異なります。

非営利団体が使用するために購入

各州および地方税区には、消費税の支払いに関する独自の規則がある場合があります。たとえば、テキサス州では、非営利団体が税金を支払わずに車両を購入できる場合が限られています。テキサス州の救急部門による消防車と救急車の購入、およびテキサス州の教会による6人乗りのバンまたは大型車両の購入(サービスや教会の集会との間で人々を輸送するために少なくとも80%の時間使用される)は、免税で購入できます。ただし、ワシントン州では、すべての小売売上に対して消費税を支払う必要があります。

募金目的で購入

一般的に、募金活動の一環として自動車が転売される場合、非営利団体は消費税を支払う必要はありません。繰り返しますが、規制は州によって異なります。ワシントンでは、非営利団体は自動車販売店に再販業者の許可を提供する必要があります。テキサス州では、車両が募金活動のために購入されており、非営利団体の売上のすべてが非課税の募金活動の結果である場合、再販業者の許可は必要ありません。