製品を販売する際に他の国に西洋文化を強制することの悪影響

特に情報通信技術を通じたグローバリゼーションは、欧米から世界への製品のマーケティングに大きな影響を与えてきました。ヨーロッパと北アメリカで識別される西洋文化は、今日、世界中のビジネスマーケティングに深く根付いています。しかし、他の国の人々は、西洋文化と結びついた特定のマーケティング戦略に満足していないかもしれません。これは企業にとって課題となり、これらの国での製品やサービスの売上の減少や完全なボイコットの潜在的なリスクがあります。

カスタマーディスコネクト

海外で製品をマーケティングするために万能のアプローチを使用する企業、特に西洋文化から多額の借用をしているマーケティングスタイルや活動は、潜在的な顧客から切り離されるリスクがあります。問題は、メッセージや製品が地元の文化に鈍感または不快感を与えるものとして認識される可能性があり、正味の影響はあなたのビジネスの収益性を低下させるか、極端な場合には、その国での事業を完全に禁止することです。ビジネスマーケティングを成功させるには、メッセージを適切にブランド化し、受け入れ可能な製品を提供し、地元の顧客の価値を尊重しながらニーズを満たす必要があります。

知覚されるローカル製品の劣等感

ビジネスマーケティングでは、メッセージをパッケージ化して、製品が競合他社よりも優れていることを直接示唆する必要があります。ただし、米国では広告で競合他社に言及し、製品がどのように優れているかを述べるのが普通ですが、このメッセージは地元の製品を侮辱するものとして出くわす可能性があります。西洋でデザインされたマーケティングメッセージは、潜在的な顧客の悔しさよりも「アメリカ人でなければ、劣っている」という意味であると誤って認識される可能性があります。これは、うっかりして、国に西洋文化を強制する別のケースであると想定することができ、あなたのビジネスに多大な費用がかかる可能性があります。

道徳的退廃の促進

多くの保守的な社会にとって、西洋のマーケティングは、特に音楽、ビデオゲーム、映画などの製品で、若者の行動を導く道徳的原則や価値観を損なうものとして外れています。一部の国は、彼らが高く評価している文化的および/または宗教的信念に集合的に同意します。マーケティングメッセージや活動は社会全体に影響を及ぼし、買い手と売り手の最終的な関係が倫理的であり続けることが重要です。ほとんどの国は自分たちの信念体系を維持することを信じており、若者は外国の影響に対して最も脆弱であるため、ビジネス上の決定は倫理的考慮をより強く認識する必要があります。

意図しない攻撃と反発

自国の生活様式に反体制的であると見なされる可能性のあるマーケティングキャンペーンのシンボル、画像、メッセージは、敵対的な反応や反発を引き起こし、売上に悪影響を与える可能性があります。ファッションは良い例です。西洋文化でシックと見なされているマーケティング服は、保守的な外国文化では温かく受け入れられない可能性があります。一部の国では、女性が髪や顔を露出することを禁じており、控えめなモデルを含む女性向けの美容製品の広告は、地元の視聴者を怒らせます。