デスクトップ監視サービスを使用してリモートの従業員を監視する方法

中小企業の従業員にリモートで作業する機会を与えることで、オフィススペースのコストを節約し、物理的な場所の通常の通勤エリアの外に雇用範囲を拡大することができます。残念ながら、リモートの従業員がいると、合意どおりに作業していることを確認するために、彼らを監視する必要が生じます。デスクトップ監視サービスと会社のラップトップがあれば、これは難しいことではありません。

1

適切と思われるレベルで従業員の活動を監視できるデスクトップ監視サービスを選択します。これらのレベルは、従業員がシステムを使用していることを監視する単純なタイムクロッキングから始まり、リアルタイムのキーストローク監視システムに移行します。これにより、従業員のデスクトップをリモートで監視し、自分のデスクトップにシャドウイングして、すべてのキーストロークまたはWebサイトビューを表示できます。

2

デスクトップ監視サービスを会社のラップトップにインストールし、製造元の指示に従って、必要な監視レベルに設定します。会社所有のラップトップを使用すると、リモートの従業員が所有するパーソナルコンピューティング機器の監視を要求することに伴う法的問題が軽減されます。

3

リモートの従業員が会社のラップトップを使用するための会社の使用ポリシーを作成します。会社が許容できると考える使用法とそうでない使用法を詳しく説明します。灰色の領域を避けるために、許容される用途は会社関連の作業に限定してください。会社がラップトップを監視して、会社の使用ポリシーへの準拠と従業員の作業ログシートの正確性を確認することがあることを従業員に通知します。違反すると、懲戒処分や失業につながる可能性があることを強調します。

4

従業員が提供された会社のラップトップを使用してすべての会社の活動を実行することを遠隔雇用の要件にします。この要件をリモート従業員契約に入れます。