メアリー・マンターの企業コミュニケーションフレームワークの理論

ダートマス大学の経営コミュニケーションの教授であるメアリー・マンターによって企業コミュニケーションの枠組みに関して提唱されたコミュニケーション理論は、ビジネス界や学術界の一部によって支持されています。これは、企業コミュニケーションの失敗に関する問題の核心にあるように見えるので、もう一度検討する価値のあるものです。

一方向通信

多くの人は、コミュニケーションをある人から別の人への一方向の情報の流れと考えています。通信は受信され、応答の形で受信者から元の送信者に逆流する場合がありますが、通信は依然として順方向または逆方向のいずれかの一方向にすぎません。一部の企業は、情報が組織の上部から下部に流れることが多いこのコミュニケーションモデルを採用しています。多くの場合、情報は逆方向に逆流しません。

ムンター

Munterは、コミュニケーション戦略のより周期的な見方は、組織全体のコミュニケーションを増やす上でより効果的である可能性があると述べています。ジョエル・クルツマン、グレン・リフキン、ビクトリア・グリフィスが指摘したように、この循環的な枠組みは、アリストテレスの修辞的コミュニケーションの概念に非常に似ています。彼らの分析では、Munterの企業コミュニケーションフレームワークは、特定の講演者ではなく、組織全体から始まります。そこから、組織はメッセージを使用して構成員と通信し、構成員は組織のメッセージに応答します。これは循環的なコミュニケーションのパターンであり、組織はその構成要素による応答に再度応答する必要があります。

制限

Munterの組織フレームワークの強みは、コミュニケーションのモデルを提供することです。ただし、そこで止まるという点で制限があります。このコミュニケーション戦略を実行するために必要なすべての知識を組織に提供することはできません。たとえば、Joel Kurtzman、Rifkin、Griffithも指摘しているように、コミュニケーションのフレームワークは、その構成要素を知らず、理解していない組織を支援することはできません。組織を構成する人々についてある程度の知識が必要です。そうしないと、組織は、その構成員がメッセージを聞いて応答することを期待して、盲目的な法令を作成することになります。

それを一緒に入れて

Munterの企業コミュニケーションのフレームワークの本質は、コミュニケーションは厳密には情報の流れではなく、対話であるという認識です。この対話は継続的である必要があり、典型的なメッセージ応答形式のコミュニケーションから生じるものであってはなりません。 KaikiasConsultingの社長であるJulieLangは、この種のコミュニケーションには、情報を伝えるために話したり教えたりするだけでなく、教える、学ぶ、行うなどの活動が含まれることが多いと述べています。メッセージは、聴衆に利益をもたらすように、またその逆も同様に構成する必要があります。