個人事業主は複数の州で事業を行うことができますか?

個人事業主は、事業体の非公式な組織構造です。技術的には、個人事業主は事業主の延長です。事業は明確な法人ではありません。すべての州で個人事業主の運営が許可されており、個人事業主が複数の州の境界を越えることは合法です。

州の登録

ほとんどの州法では、州の境界内で事業を行う企業は、州の税務委員会や州の商務省などの州政府機関に登録する必要があります。個人事業主の登録には、通常、事業主の名前と連絡先情報を特定するために、少額の手数料と簡単な事務処理が必要です。州の登録には、個人事業主の名前であるDBAまたは「商号」の登録も含まれます。

ローカルライセンス

個人事業主が事業を行う各州に登録することに加えて、事業主は、事業を営むすべての地域の地方自治体に事業の免許を取得する必要があります。たとえば、個人事業主は、オフィスまたは物理的な場所がある各都市からのライセンスが必要になります。

州の所得税

個人事業主は、事業が事業を行っている州が実際に所得税を徴収していると仮定して、その州で所得税を支払う必要があります。すべての州が所得税を課しているわけではありません。州の所得税法は、単独の所有者が複数の州で事業を行うことを禁止していませんが、州の境界内で事業によって得られた所得に対して所得税を支払うことを義務付けています。

連邦所得税

連邦所得税法またはIRS規則には、個人事業主が複数の州で事業を行うことを禁止するものはありません。連邦所得税を徴収する内国歳入庁は、個人事業主が1つの州で収入を得るのか複数の州で収入を得るのかを考慮していません。いずれにせよ、事業主は個人事業主が稼いだお金に対して連邦所得税を支払う義務があります。

免除

すべての個人事業主が、事業を営むすべての州または地方自治体の管轄区域で登録する必要があるわけではありません。多くの州法および地方条例は、州または地方の境界内でまれな、または純粋にオンラインの事業活動を行う事業の登録およびライセンス要件を免除しています。免除要件は、州または地方自治体によって異なります。