iPhoneリカバリモードを終了する方法

iPhoneオペレーティングシステムのベータ版をインストールするには、または以前のバージョンのiOSにダウングレードするには、リカバリモードと呼ばれる起動設定を入力する必要があります。このモードに入ると、さまざまなバージョンのiOSをインストールしたり、ファームウェアをアップグレードしたり、コンピューターのバックアップからデバイスを復元したりできるため、デバイスで通常の業務を再開できます。通常、リカバリモードを終了するには、デバイスを再起動するだけです。ただし、電話機がリカバリモードのループでスタックする場合は、TinyUmbrellaやRecBootなどのサードパーティソフトウェアを使用して、デバイスをループから強制的に外してください。

iTunesの使用

1

標準のUSBケーブルを使用してiPhoneをコンピュータに接続します。

2

自動的に開かない場合は、「スタート」をクリックし、「すべてのプログラム」メニューから「iTunes」を選択します。

3

iPhoneがリカバリモードになっていることをiTunesが検出したときに表示されるダイアログで[OK]をクリックします。ダイアログは、リカバリモードを終了するためにiPhoneファームウェアを復元する必要があることを示しています。

4

「復元」ボタンをクリックして、iPhoneの復元を開始します。復元が完了すると、iPhoneが再起動し、iPhoneセットアップウィザードが表示されます。

TinyUmbrellaの使用

1

Webブラウザーを起動し、TinyUmbrellaダウンロードページに移動して、TinyUmbrellaをダウンロードしてインストールします(「参考文献」のリンク)。

2

標準のUSBケーブルを使用してiPhoneをコンピュータに接続します。

3

「スタート」をクリックし、「すべてのプログラム」メニューから「TinyUmbrella」を選択します。

4

「デバイスをリカバリから外す」ボタンをクリックして、iPhoneをリカバリモードから強制的に解除します。再起動すると、電話はiPhoneオペレーティングシステムで起動します。

RecBootの使用

1

Webブラウザーを起動し、RecBootダウンロードページに移動して、RecBootをダウンロードしてインストールします(「参考文献」のリンク)。

2

標準のUSBケーブルを使用してiPhoneをコンピュータに接続します。

3

「スタート」をクリックし、「すべてのプログラム」メニューから「RecBoot」を選択します。

4

「リカバリモードを終了」ボタンをクリックして、iPhoneをリカバリモードから強制的に終了します。再起動が完了すると、デバイスはiPhoneオペレーティングシステムで起動します。