会社の財務諸表の制限は何ですか?

多くの潜在的な投資家は、会社に投資する前に、会社が作成した財務諸表を見て、ビジネスの強さを評価します。これは一般的な慣行ですが、財務諸表を見ても全体像はわかりません。会社の財務諸表には、注意すべきいくつかの固有の欠点があります。

会計の違い

財務諸表を使用して企業についての仮定を立てることに関する最大の問題の1つは、アップルトゥアップルの比較を行うことができないことです。多くの投資家は、ある会社を別の会社と比較する方法として財務諸表を使用しています。これに伴う問題は、企業が同じ会計方法を使用しない可能性があることです。先入れ先出し法を使用する人もいれば、平均原価法を使用する人もいます。一方を他方と比較すると、間違った仮定につながることがあります。

数字への依存

財務諸表に関するもう1つの潜在的な問題は、投資家や経営者が数字や財務比率に依存するようになることがよくあることです。財務比率を確認することは有益ですが、全体像を把握できないことがよくあります。会社は完全に画期的な何かに取り組んでいるかもしれませんが、現在それは多くのお金を稼いでいません。株価収益率が低いという理由だけで会社に投資しないと、真に堅実な投資を逃してしまう可能性があります。

年度末

財務諸表を使用して会社を比較する際のもう1つの潜在的な問題は、会計年度の違いです。企業は、会計目的で暦年の代わりに会計年度を使用するオプションがあります。2社の決算期が異なる場合、それらの事業を正確に比較することは困難です。2つの会社を正確に比較したい場合、通年のデータが必要になることがあります。

分類

財務諸表を見る際のもう1つの問題は、会社が実際に何を表しているのかを正確に把握できない可能性があることです。多様化した企業は、特定の企業分類に適合させるのが難しい場合があります。たとえば、企業が電気通信、ソフトウェア、および健康関連デバイスに関与している場合があります。多くの異なる収入源を持つ非常に大規模な企業を扱う場合、財務諸表はあなたに全体像を与えるものではありません。