マネージャーや従業員とのチームの結束を構築するための特性

強力なチームの作成に時間とトレーニングを投資する中小企業の所有者は、従業員の士気と達成度の向上を見ることができます。ただし、会社のリーダーシップは、他の部門に結束を定着させるために、強力なチームワークの例を設定する必要もあります。最後に、中小企業の経営者は、仲間からの圧力や適合性による誤った意思決定である「集団思考」を回避するために、結束の欲求と健全なグループ討論の必要性のバランスを取る必要があります。

オープンカルチャーと明確な目標

ウェブサイトBeinga Better Leaderによると、情報を簡単に入手でき、上級管理職と従業員の間で定期的にコミュニケーションが流れるオープンな文化を持つ組織は、強力なチームの成長と繁栄を可能にします。マネージャーと従業員はまた、特定のプロジェクトまたは一連の日常業務を完了するために一緒に集まるために、経営陣によって設定された明確で説得力のある目標を必要とします。最も重要なことは、チームメンバーは、協力することでこれらの目標を達成できると信じる必要があります。

コミュニケーション

マネージャーと従業員の間の双方向のコミュニケーションが不足しているチームも、結束が不足します。強力な対人コミュニケーションスキル、特に従業員からのリーダーシップに関するフィードバックを求めて対応する能力を備えたマネージャーは、強力なチームを構築する可能性が最も高くなります。さらに、コミュニケーションと結束は互いにリンクしています。結束が増すにつれて、チームのコミュニケーションは成長し、繁栄し続けます。

信頼

チームの結束は信頼なしには不可能であり、信頼はチームメンバー間、チームメンバーとそのマネージャー間、およびチームと会社のリーダーシップの間に存在しなければならない特性です。ウェブサイトBarrettValues Centreによると、信頼の構築には、完全性や信頼性などの個人的な特性と、経験や業界知識などの業績属性の組み合わせが必要です。

コンペ

他のチームビルディングの特徴ほど利他的に聞こえないかもしれませんが、競争はチームをまとめるのに非常に効果的な方法です。中小企業の所有者は、競合他社に共通の敵を作成したり、販売競争など、会社のチームを互いに争わせることを検討したりできます。ただし、競争は、開かれた文化、コミュニケーション、信頼ほど永続的な結果をもたらさない可能性があります。グループが脅威が終わったと認識すると、その結束力が失われる可能性があります。

プレステージ

チームに誇りを持っているメンバーは、通常、グループに対して両義的または中立的なメンバーよりもまとまりがあります。さらに、チームが参加するのが難しいほど、より多くのメンバーがグループをサポートします。中小企業の経営者は、グループの業績を認めたり、参入障壁を指摘したりすることで、名声を利用して強力なチームを構築できます。たとえば、会社が特定の成績平均点の卒業生のみを採用している場合などです。