キャッシュフロー計算書の運用セクション

キャッシュフロー計算書は、特定の期間に企業が生成および使用した物理的な現金を明確に示しています。この声明は、純利益と比較して企業が受け取る現金の明確な見通しを提供し、潜在的な投資家は、企業が支出よりも多くの現金を持ち込んでいるかどうかを確認できます。キャッシュフロー計算書の最初のセクションは、営業セクションと呼ばれ、会社が日々の活動から現金を生み出しているかどうかを詳しく説明しています。

顧客の現金

営業セクションの最初の行は、顧客から受け取った実際の現金を反映しています。損益計算書は発生主義で運用されているため、これは必ずしも損益計算書で報告された数値と一致するとは限りません。キャッシュフロー計算書には、物理​​的に受け取った現金のみを記録します。クレジットで行われた販売は含めないでください。

その他の収益・収入

あなたが受け取るかもしれない他の営業関連の収入のために別々の行を含めてください。これには、会社の事業の性質に応じて、利息収入、サービス料、さらには賃貸料が含まれる場合があります。投資または財務活動からの収入は、ステートメントに独自のセクションがあるため、このセクションには含めないでください。

家賃の支払い

不動産をリースする事業では、キャッシュフロー計算書の「家賃」行に毎月の実際の家賃の支払いを含める必要があります。家賃またはリース料は事業の現金支出の重要な部分であるため、この費用は通常、独自の線で示されます。

給与

給与は、ほとんどの企業にとってもう1つの実質的な支払いです。給与の支払いは、運営費のセクションにも別途記載する必要があります。実際に行われ、現金が減少した支払いのみを含めてください。発生した給与をリストしないでください。

その他の営業費用

期間中に支払われたその他のすべての営業費用は、「その他の営業費用」行に表示されます。これには、消耗品、諸経費、および事業運営に直接関連するその他の支払いに対して行われるその他の支払いが含まれます。4つのセクションすべての合計は、この行の下に「営業活動によって提供された現金」というラベルの下にリストされています。