従業員の業績評価の例

従業員の業績評価は、従業員の進歩とその可能性を評価するのに役立ちます。定期的な業績評価を実施することにより、中小企業の経営者は、従業員を育成し、より効果的に仕事をするように導くことができます。パフォーマンスレビューは、解決する必要のある潜在的な問題を明らかにするのにも役立ちます。

強み

従業員の業績評価には、従業員が仕事をしている間に示した強みを含める必要があります。たとえば、経理のトニーが給与計算を正しく行うための特別な才能を持っている場合、装飾の計算がさらに複雑になったとしても、これは彼の業績評価に記載する必要があります。従業員を際立たせ、特に逆境に直面したときに彼がどれだけうまく仕事を遂行しているかを示すものはすべて含める必要があります。特に強みが見当たらない場合は、その点に留意し、従業員に改善計画を立てる必要があります。

弱点

弱点も業績評価でカバーする必要があります。これらの弱点は、公正かつ簡単にカバーする必要があります。たとえば、トニーが毎週の会計レポートの配信に関して強くない場合、これを彼の業績評価に含める必要があります。弱点が発見されたら、従業員がこれらの分野で強みを伸ばすのを助ける計画を含めます。

達成された目標

従業員が会社に長年在籍している場合、彼はいくつかの評価を経て、業績を改善するための目標を与えられるべきでした。前回の業績評価以降に達成した目標は、彼の新しい評価に記載する必要があります。これにより、従業員と経営陣は、従業員が時間の経過とともにどのように進歩しているかを知ることができます。従業員が新しい場合、彼が雇用されたときに与えられた基本的な目標は、それらが達成されているかどうかを確認するために調べる必要があります。

改善の可能性

従業員の業績評価の最後のセクションには、従業員がどのように改善できるかに関するセクションを含める必要があります。従業員はこの評価のコピーを受け取ります。トーンを公平でバランスの取れた明るい状態に保ちながら、改善が必要な点を説明します。このセクションでは、従業員に達成してもらいたい目標について説明します。