SharePointのプロジェクトタスクライブラリでワークフローを作成する方法

SharePointのプロジェクトタスクリストは、ガントチャートを使用してプロジェクトアクティビティをグラフィカルに表示するのに役立ちます。コード開発を必要とせずに、ワークフローを使用してプロジェクトタスクに関連するプロセスを自動化できます。ワークフローデザイナーインターフェイスを介したブラウザー対応のカスタムワークフローは、SharePointでワークフローを作成するための2つのノーコード方式です。SharePointでプロジェクトタスクのワークフローを設計するのは、名前や開始オプションなどのパラメーターを定義し、条件とアクションをプロセスルールにマッピングするのと同じくらい簡単です。

1

プロジェクトタスクリストが含まれているSharePointサイトに移動します。[ファイル]をクリックし、ブラウザーのメニューから[SharePointDesignerで編集]を選択します。

2

SharePoint Designerのツールバーメニューから[新しいドキュメント]ボタンをクリックし、[ワークフロー…]を選択します。

3

[このワークフローに名前を付ける]フィールドに、ワークフローのわかりやすい名前を入力します。「このワークフローをどのSharePointリストに添付する必要がありますか?」で[プロジェクトタスク]リストを選択します。フィールド。[プロジェクトタスク]リストのアイテムのワークフロー開始オプションを選択し、[次へ]ボタンをクリックします。

4

「ステップ名」フィールドにワークフローステップのわかりやすい名前を入力します。自動化しようとしているビジネスルールに対応する条件とアクションを指定します。