製品販売契約

税務、会計、販売、在庫追跡の目的で、企業はすべての販売取引を記録します。企業は、領収書、請求書、署名された見積もり、提案、または売買契約などのある種の文書を使用して、内部目的で販売を記録し、購入の証拠を購入者に提供します。大規模または複雑な製品を企業または消費者に販売する企業は、通常、売買契約を使用して取引を文書化します。これらの売買契約は、商品売買契約と呼ばれます。

製品販売契約の定義

販売契約は、売り手が買い手に商品の所有権または所有権またはサービスの権利を譲渡する契約です。契約は、契約時またはそれ以降に支払われる金額を指定します。製品販売契約は、製品にのみ適用される販売契約です。

契約の目的

製品販売契約は、販売の条件と条件を規定する詳細を提供します。その主な目的は、買い手による誤解、不明確な期待、詐欺から売り手を保護することです。ただし、製品販売契約は、販売に含まれるものと含まれないもの、および製品が販売される条件を明確に定義することにより、購入者を保護します。

簡単な合意

単純な販売契約は、製品の説明、製品の使用法の簡単な説明、販売価格、納期、および追加の契約条件を含む1ページで構成されている場合があります。この契約では、契約の受諾を示すために、買い手と売り手の両方の当事者の署名が必要です。場合によっては、単純な販売契約に1つ以上の添付ファイルが含まれることがあります。多くの場合、企業は添付ファイルを使用して、販売するすべての製品をカバーする標準化された用語を提供します。たとえば、ある会社が2つの異なる製品に対して異なる販売契約を使用しますが、同じ契約条件の添付ファイルが含まれます。

複雑な合意

詳細な製品販売契約には、単純な契約と同じ情報が含まれています。また、製品仕様、該当する場合はインストール情報、およびより詳細な納品情報と条件も含まれています。詳細な契約は、支払い方法と条件、特定または一般的な保証、除外、およびサポートとメンテナンスの条件に対応しています。継続的な製品販売の場合(たとえば、毎月販売業者または卸売業者から商品を購入する小売業者の場合)、製品販売契約には、終了およびキャンセル条項と紛争解決条件が組み込まれています。他の契約と同様に、複雑な製品販売契約には、権利放棄、譲渡、変更、および強制力の条項も含まれています。