4つの財務諸表の違い

国際財務報告基準や米国証券取引委員会の規則などの会計ガイドラインは、取引データを記録し、4つの主要な財務諸表の違いを強調する方法を企業に教えています。米国公認会計士協会は、財務会計基準審議会とともに、ビジネスレポーティングに関する技術ガイドラインも提供しています。

バランスシート

財務担当者は、貸借対照表を参照するときに、「財政状態の記述」や「財政状態の報告」などのフレーズをよく使用します。このレポートは、企業の経済的資源、負債、および資本項目を垣間見ることができます。貸借対照表を検討することで、投資家は企業の流動性と支払能力に関する重要な質問に答えることができます。流動性は、それが費やすよりも多くの現金を生み出す収益性の高い活動の印です。溶剤イニシアチブまたは会社は、負債よりも多くの資産(経済的資源の別名)を保持している会社です。

損益計算書

ニューヨーク証券取引所などの市場で株式や債券を売買する証券取引所のプレーヤーは、企業の損益計算書に注意を払い、トップリーダーが収益性の問題に対処する具体的な方法を理解します。彼らが注意深く見守っているのは、売上を伸ばすための方針、市場シェアを維持または拡大するための青写真、そして経費を削減し、時間の経過とともに無駄を抑えるための戦術です。財務の専門家は、損益計算書を損益計算書、収入またはP&Lのレポートと呼ぶことがよくあります。この財務データの要約は、収益、費用、純利益、または費用が収益項目よりも大きい場合は損失で構成されます。

キャッシュフロー計算書

ビジネスレポーターはしばしば、キャッシュフローの否定的なステートメントを制度的機能不全の症状として説明し、企業経営者が会社のお金を効果的に管理していないことの証拠としてレポートを宣伝します。流動性レポートを構成する3つのセクション、つまり運用、投資、および財務活動からのキャッシュフローを詳しく調べると、資金管理が不十分または非効率的である兆候を確認できます。規制ガイドラインでは、流動性管理、収益性、投資管理、経費削減などのベールを持ち上げるために、この正確な分類が必要です。財務用語集では、「キャッシュフロー計算書」、「流動性レポート」、「キャッシュフロー計算書」という用語は交換可能です。

株主資本等変動計算書

株主資本等変動計算書は、企業が直面している資金調達の問題と戦う上でどの投資家グループが中心的な役割を果たしているかを示しています。レポートには、普通株主や優先株主などの要素が表示されます。普通株主は定期的に配当を受け取り、会社の重要事項に投票し、株価が上がるとお金を稼ぐことができます。優先株主(株主の別名)は通常、普通株主と同じ利点を持っていますが、配当の分配においてより高い優先順位を持っています。