企業がGAAPに準拠していることを確認するためにどのような手順を踏むことができますか?

GAAPと呼ばれる一般に認められた会計原則は、企業やその他の組織の財務会計および報告に関する一連の基準とガイドラインを表しています。GAAPは、組織が一貫した方法で編集された財務レポートをリリースできるように、財務会計にアプローチする統一された方法を提供するのに役立ちます。上場企業はGAAPに準拠する必要があり、投資家、貸し手、および潜在的な購入者はGAAP準拠を好む傾向があるため、多くの民間企業やその他の組織はGAAPの使用を選択します。

訓練を受けた会計スタッフ

GAAPコンプライアンスへの最初のステップは、GAAPが指示する方法と慣行で訓練された会計士を採用し、彼らの成功に合わせた条件を提供することです。このタスクを実行する1つの方法は、組織の経理部門を監督する監査委員会を設立し、仕事の要求を処理するのに十分なスタッフとリソースがあることを確認することです。有用なリソースの例には、単一のリソースに統合されたGAAPの多くの会計原則のデータベースである財務会計基準審議会会計基準コード化プロジェクトが含まれます。

内部監査人

適切な内部統制の確立と管理は、GAAPコンプライアンスを維持する上で重要な役割を果たします。内部監視の一部は、企業が内部監査プロセスを使用して、企業内の財務報告を監視していることです。内部監査人は、生産性、品質、顧客満足度、市場シェアなど、GAAPの問題を超えた企業の幅広いプロセスをレビューします。GAAPに関しては、内部監査人は、取引および財務報告に取り組むすべての人員が適切な基準に従うように、コンプライアンス管理が実施されていることの保証に貢献します。

外部監査人

GAAPコンプライアンスを確保するための重要なステップの1つは、外部監査プロセスを受けることです。このステップでは、外部の会社が企業の財務諸表を調査および評価し、帳簿をレビューして、すべての測定とプレゼンテーションがGAAPの手順とガイドラインに従って行われたことを確認します。監査を扱う会社は通常、この分野を専門としているため、コンプライアンス違反の瞬間を見つけることに精通しており、鋭敏です。それらは、会社の会計をそれ自体と一般の人々のために検証するのに役立つ機能を果たします。上場企業は外部監査人を使用する必要がありますが、民間企業はスタッフに外部監査人を使用することを選択できます。

継続的なトレーニングと教育

GAAPコンプライアンスを維持するには、GAAP関連プロジェクトに従事するすべての担当者に対する継続的な教育とトレーニングが必要です。会計基準とガイドラインは定期的に変更されており、会計士やその他の人々が最新の動向について更新するための手順を整備する必要があります。さらに、組織は、GAAPの最新の変更を統合することが通常の慣行の一部であることを確認する必要があります。これにより、組織は、プロセスの後半に新しい慣行を開始することによって遅れを取り、コンプライアンス違反のリスクを負うことがなくなります。