縫製小売事業の開始

針仕事とは、針を利用して完成したプロジェクトを作成する工芸分野を総称しています。裁縫には、縫製、編み物、クロスステッチが含まれます。さらに、針仕事にはキルティング、針先、タペストリーの仕事が含まれます。裁縫小売店のオーナーは、店内や見本市で独自のパターンを作成して販売することができます。また、商業的に準備されたデザインをさまざまな関心を持つ顧客ベースに販売することもできます。

企業組織

公認会計士と会って、裁縫店に最適なビジネス構造を設計してください。商業保険代理店に相談し、営業許可を得るために市または郡の事務局にアクセスしてください。州の歳入局に連絡して、消費税の免許を取得してください。

ヒューストン地域では一般的な営業許可は必要ありません。ヒューストンワンストップビジネスセンターは、裁縫ビジネスのスタートアップ情報を提供します(「参考文献」を参照)。

地域大会

地域の消費者市場を分析し、現在の裁縫業者を特定します。大きな箱の店は彼らの工芸品セクションで針仕事用品とプロジェクトを運ぶかもしれません。裁縫関連の商品は、生地屋さんやキルト屋さんでも見つけることができます。最後に、小売針仕事用品はオンライン小売業者を通じて購入することができます。

ヒューストンのメトロエリアにいる場合は、2010年8月の時点で、競争には200を超える刺繡と裁縫の小売店が含まれていることに注意してください(参考文献を参照)。

ロケーションロジスティクス

顧客がサービスを待っている間に裁縫プロジェクトを完了することができる、企業の近くの目に見える場所を選択します。ファミリーレストラン、美容院、診療所の近くのサイトを探してください。また、退職後の施設やシニアセンターに近いというメリットもあります。カラフルな裁縫デザインを展示するために、フロントディスプレイウィンドウで建物を固定します。リースに署名する前に、ゾーニング部門にアクセスして、その場所で小売店が許可されていることを確認してください。

製品と消耗品

あなたが競争から際立つようになる裁縫製品ラインを選択してください。たとえば、地元の情報源がないため、現在、あなたの街のキルターはオンラインでキルティング用品を購入している可能性があります。それらの顧客を引き付けるために、キルティング生地とアクセサリーをあなたの店の主要な部分にしてください。

卸売製品を注文して、顧客にあらゆる種類の消耗品とプロジェクトテンプレートを提供します。複数のサプライヤーを評価して、最良の価格を取得します(「参考文献」を参照)。

マーケティング

カラフルな完成した裁縫プロジェクトをフィーチャーしたグランドオープニングイベントで顧客基盤を構築します。クラフトの専門家を招待して無料のクラスを実施し、1時間ごとの景品エントリーフォームを使用してメーリングリストを作成します。さまざまな商品やプロジェクトの割引を提供します。顧客が月額割引デザインを受け取るCraftof theMonthプロモーションを開始します。風船や飾りでお祭りの雰囲気を作りましょう。チラシを周辺の企業に配布し、地元の新聞でイベントを宣伝します。