4Dスキャナーについて説明する

出生前の超音波ビジネスは新しいテクノロジーと流行語で溢れています。4Dスキャンは数あるものの1つにすぎませんが、日々ますます顕著になっています。競合他社が何を提供しているのか疑問に思っている場合でも、4Dが自分に適しているかどうかを判断しようとしている場合でも、マーケティングをナビゲートして事実を把握するのは難しい場合があります。結局のところ、生まれていない赤ちゃんを視覚化し、出産前に潜在的な問題を見つけるための新しい方法です。

超音波の基本

超音波スキャナーは、臓器、骨、その他のさまざまな体の構造で反射する高周波音波を体内に送信することによって機能します。反射波はコンピュータによって解釈され、スキャンされた領域の画像が作成されます。超音波スキャンは、軟組織を観察するのに特に役立ちます。X線やCTスキャンとは異なり、電離放射線が関与しないため、胎児の画像化に最適です。

3Dのしくみ

従来の超音波スキャンは、CTスキャンやX線のように2次元画像を返します。もともと1987年にデューク大学で開発された3Dスキャン技術は、奥行きと遠近法を示す画像を返し、医師と親が胎児をよりはっきりと見ることができるようにします。3Dスキャナーは、方位角と仰角の両方でさまざまな角度でサウンドパルスを送信し、戻りエコーを現実的な3次元画像に解釈します。

4次元の追加

4D超音波では、4番目の次元は時間です。コンピュータ技術の進歩により、静止画を表示するだけでなく、3次元画像をリアルタイムで処理できるようになり、胎児の動画をリアルタイムで3D画像として表示できるようになりました。基本的に、4D超音波スキャンはスキャンされているもののライブ3Dムービーになります。

4D超音波の利点

4D超音波スキャナーは、胎児を見るだけの息を呑むような方法ではなく、赤ちゃんの潜在的な欠陥や異常を明らかにすることができます。また、子宮に存在する可能性のある構造上の問題や、高リスクの妊娠を引き起こす可能性のあるその他の要因を明らかにすることもできます。これにより、医師と母親の両方が、今後の出産に備えるために必要な情報を得ることができます。